快気祝いでカタログギフトを贈る

最初はただの風邪だと思っていたら、
咳の様子が変だと母が言いだして病院に連れて行かれました。

肺炎になりかかっているとお医者さんに言われ、
二週間ほど入院することになりました。

ちょうどこれから学校の冬休みが始まるというところだったので
私はがっかりしてしまいました。

母は私のそんな気持ちを知らず、
学校がちょうど休みでよかったじゃないと言っていました。

私はいつも病院のベッドで退屈していて
毎日白い壁や天井を見ることにうんざりしていました。

ある日部屋でじっとしていることに退屈した私は
待合室にあるテレビを見ていました。

するとぽんっと肩をたたかれ振り向くと、
一緒にスキーに行くことになっていた友達が立っていました。

私が行けないから彼女も行くのをやめたと言っていました。

それから一日ごとにお見舞いに来てくれました。

いつもは彼女一人でしたが、
退院する前日には彼女と彼女のお母さんが
綺麗なお花を持ってお見舞いに来てくれました。

退院した日に私の母は、
よくお見舞いに来てくれたそのお友達に
快気祝いを贈ろうねと言いました。

母は、選ぶのが楽しいからカタログギフトを贈ろうと言いました。

冬休みが開けて学校に行くと、
友達がカタログギフトで頼んだ食器を
毎日使っていると笑顔で言いに来てくれました。

私が退院して元気になった恩恵が
友達にも与えられて嬉しい気持ちになりました。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>